読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるネットゲーマーの日常

プレイしているネットゲームの話題を中心にまったりと

それは宗教上の理由

日記 RO チェンクロ

昨日でお仕事が終わった・・・わけではないのですが、
昨日の会議で、「この半年分の仕事が無駄にならないこと」が確定し、
製品として世に出ることが決まったので、一段落です(´・ω・)っ旦~

今のお仕事における「製品」は「作ってみないとわからない」ものなので、
作ってはみたけどこれはダメだな・・・なんてことは、山ほどあるわけです

だからこそ、「これだけのクオリティでやりますщ(゚Д゚щ)」ってアピールが必須で、
そのかいあってお仕事の継続が決まった・・・ということです

まだまだお仕事が続くので、暇になるわけではないですが、
平常運転に戻ることは確定し、今月中に限っていえば
「まったりモード」で間違いないので、とりあえずこの週末はだらだらしますc(・ω・`c )っ


さて、今日の前置き的な何かですが、
チェンクロのネタと密接にかかわる関係で、
先に書くことができないので、まずはROとチェンクロの話題から

【RO】今夜は鯖煮会

やっとROもまともにプレイできそうですが、
今日はだらだらするのを優先して、明日はパッケージを買ったり、
深淵の回廊をお試ししようかな・・・と思ってます

深淵の回廊に行かないと、季節ものの回復剤がもらえませんからね・・・
あれがないとGvが面倒で(´-ω-)

そして今夜は21時から「鯖煮会 2016/06 in Olrun」でございます

netgamer.hateblo.jp

久々に全力でまったりと雑談しますので、よろしくお願いします( ゚д゚)o彡゚

【チェンクロ】どうしても引く必要のあった人

先ほども書いたように、今日の前置き的なネタは完全にチェンクロ絡みなので、
先にもろもろ片付けていくわけですが、まずはシミュレーターの更新から(´・ω・)っ

SSR4名とSR1名とフリーでGETできるR1名を追加してます
来週から例の紐コラボなので、どちらかというと来週が怖いですが・・・

昨夜はひたすらだらだらしてましたが・・・

f:id:parrot_studio:20160618124123j:plain

・・・総力戦をもりもり回しておりました

先週は寝落ちしてしまい、総力戦をいつクリアしたかもわからないくらい前後不覚でしたが、
今週はノリノリで敵をぶっつぶしまくりました( ゚Д゚)y─~~

そのあと、いよいよフェスに挑戦です

f:id:parrot_studio:20160618124229j:plain

新しく追加されたSRのおじょうさんが欲しいものの、
別にピックアップではないため、確率は3%だったのですが・・・

f:id:parrot_studio:20160618124411j:plain

・・・なんと2枚目で出ました(; д ) ゚ ゚

本当は10回引くつもりで2回で出てしまい、
とりあえずこれで昨日は打ち止めにしたのですが、
レムレス島が終わったあたりで再検討ですかね・・・



でまあ、なぜこのキャラに異様な執着をしていたかって話が、
今日の「前置き的な話」なのですが・・・

このキャラ自体はオリジナルですし、
イラスト集が出るまで名前も知らなかったわけですので、
私が気にしていたのはイラストレーターさんの方です

昔、「月陽炎」ってゲームがありましてね・・・

月陽炎~つきかげろう~(1) ドラマCD

月陽炎~つきかげろう~(1) ドラマCD

ドラマCD 月陽炎~つきかげろう~ vol.2

ドラマCD 月陽炎~つきかげろう~ vol.2

・・・まあ、ぶっちゃけ言い訳しようがないレベルでergなんですが(*ノ∀ノ)

これの絵を描いていた方が、今はラノベの挿絵などもやっているようで、
結果的にチェンクロに実装されることになったわけです

このゲーム、広告がとても印象的というか、
叙情的な演出になってまして、それでがっちり心をつかまれたわけですが、
たしかあの広告は賞を取ったはず・・・

そしてゲーム内容も非常に印象的だったのですが、
ある意味では「全力でerg」というより「いろいろな意味で18禁」で、
和風伝奇物スキーで巫女さん&矢絣袴スキーの私にはクリティカルHITだったわけです

エンディングはマルチなのですが、その中の一つが特に演出的に凝ってまして

当時はCD-DA・・・つまり、CD自体から音を出している時代なので、
収録できる音楽が今に比べて非常に限られていたにもかかわらず、
そのエンディングのためだけに1トラック費やすという・・・Σ(゚Д゚)ガーン

当時、某「空気」が全盛の時代でしたが、
私はこっちの方がめちゃくちゃ好きだったんですよね・・・

なお、これを作ったスタッフが独立し、
新しいブランドで作ったのがこちらなのですが・・・

Clover Heart’s Complete Tracks

Clover Heart’s Complete Tracks

・・・こちらもストーリーの構造が面白いお話でして、
わりと好きだったのですが、このあとくらいからergと疎遠になり始めたので、
これ以降の作品は内容を把握しておりませぬ(´-ω-)


ということで、ややポリシー破りでergネタを書きましたが、
どうせ大人の方しか見てないであろうBlogでergネタNGってのも意味がなさそうなので、
エロネタに踏み込まない程度で古いゲームには触れてもいいのかな・・・と

そう考えるに至った漫画の話は次の更新で書くかもしれませんが、
予定は未定ですΣ(・ω・ノ)ノ