読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるネットゲーマーの日常

プレイしているネットゲームの話題を中心にまったりと

初夏の部屋の中で決闘を

先週のゲームマーケットでいろいろ買ってきたわけですが・・・

netgamer.hateblo.jp

・・・ついに今日、「桜降る代に決闘を」をプレイしました(`・ω・´)

f:id:parrot_studio:20160515001212j:plain

とはいえ、私も友人も「キャラ選択型の対戦ゲーム」は初めてだったので、
まずは比較的ルールが単純な(それゆえに読みあいが熱い)
「COLOSSEUM」からプレイしてみました

COLOSSEUM | 株式会社リドル | ゲームマーケット

使うカードは8+1枚だけですし、距離の概念も3段階しかなく、
お互い相手のカードが(必殺技を除いて)わかっているので、
すぐにハイレベルな戦いになりました(`・ω・´) b

で、これを数回やってこのタイプのゲームに慣れたところで、
本題の「桜降る代に決闘を」をプレイ開始です

bakafire.main.jp

f:id:parrot_studio:20160515001603j:plain

まず2名のキャラを選択し、1キャラ7枚ずつあるアクションカード、
つまりは14枚のカードから7枚を抜き出すわけですが、
このたった7枚に何を選ぶのかが最大のポイントです

攻撃カードには「間合い」が存在するのですが、
「COLOSSEUM」の3段階に対し、こちらは10段階あります
ゆえに、どうやって間合いを操作するかがとても大事になります

とはいえ、最初の数回はルールとキャラ性能、
デッキバランスを把握するのが精一杯で、
まともな殴り合いになりませんΣ(゚Д゚)ガーン

それでも徐々に慣れてきまして、
いろいろ戦略的なものが見えてきたりもしましたが、
半日プレイしてどうにかなるほど甘いゲームではないようで

f:id:parrot_studio:20160515002352j:plain

開始早々遠距離から撃ちまくったものの、
徐々に間合いを詰められてきたので、
対抗して「前進不可」の付与を展開してみたの図(`・ω・´)

私の方がこのジャンルに興味があったのもあり、
戦術をつかむのが早かったのはあります
ただ、やはり難しい・・・

でも、「COLOSSEUM」と「桜降る代に決闘を」のどっちが良かったか聞いたところ、
友人も後者の方が面白かったとは言ってはいましたし、
ある程度駆け引きができれば圧倒的に面白いとは思うんですよね

なかなか難しいゲームではありますが、
最大の特徴は「イラストも含めて全体によくできている」ところだと思います

一般店頭販売も始まっているようですし、興味がある方はぜひお試しを
そして私と対戦をщ(゚Д゚щ)


というか、ボードゲームの会はやっぱりやりたいんですよね・・・
どこか気軽に乱入できるところを探してみますかね

【RO】ノビ部、ショートカットで棚上層を攻める

そして今日のノビ部ですが、ゲストに教皇様が来ておりましたΣ(・ω・ノ)ノ

f:id:parrot_studio:20160515003725j:plain

ということで、教皇様と一緒にコラボDに突撃したのですが、
残念ながら、教皇様は途中で帰られました(´・ω・`)

せっかく転送があることですし、次は棚7Fに行ってみることに

以前、下から登って6Fで断念しましたし、
一度行ってみたかったのですが・・・

f:id:parrot_studio:20160515004017j:plain

・・・入り口付近に大量の敵がΣ(゚Д゚)ガーン

それでも隙を突いてWPに突入し、7Fで交戦開始

f:id:parrot_studio:20160515004054j:plain

入り口に結構な数の天使がいたため、
私が逃げ回って遠くに捨てようとしたのですが、
7Fは通路が狭いのでなかなか難しく・・・(´-ω-)

それでも中盤まではうまくいっていたのですが、
またもMHに遭遇し、うまく引っ張ろうとしたところ・・・

f:id:parrot_studio:20160515004247j:plain

・・・連続でJTを食らって壁にたたきつけられ、
あっという間に蹂躙されました(((((( ;゚Д゚)))))

さすがに棚7は難しかったわけですが、
全く狩れないってほどでもなかったので、
フル面子の時にまた試す感じで


最後にお知らせですが、今度の土曜、21日の21時からは
「鯖煮会 2016/05 in Hervor」でございます

netgamer.hateblo.jp

お待ちしてます(`・ω・´)ノ