読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるネットゲーマーの日常

プレイしているネットゲームの話題を中心にまったりと

それぞれの事情で二乗

ROの精錬祭りが延期になったおかげで、
今日はまったりと・・・と見せかけて、
いろいろ精力的にこなしておりましたΣ(・ω・ノ)ノ

主にチェンクロとEchoesなのですが、
チェンクロの話はこの後ゆっくり触れるとして、
とりあえず今日は漫画の話から

「同じ雑誌の単行本を衝動買いしたシリーズ」のラストで・・・

netgamer.hateblo.jp

netgamer.hateblo.jp

・・・以前、竹書房でショタ漫画を描いていた方の新作です(`・ω・´)

結局、4冊とも「竹書房で書いている(いた)漫画家さん」なのですが、
それは置いておいて・・・

高校時代の同級生が街中で偶然再会し、
なし崩し的に同居をはじめる話なのですが、
「大学教師」と「漫画家」で、どちらも「先生」なのがタイトルの由来です*1

連載が始められると思ったら雑誌が休刊になってしまい、
次の連載のアイデアを練っているときに、
同居人の策略(?)により、BL漫画を描くことになるという・・・Σ(・ω・ノ)ノ

しかも同居人、男が苦手で、実は高校時代から狙ってて・・・ということで、
へっぽこBL漫画家と、ぱーふぇくと大学教師百合ものです、ええ

前のショタ漫画はいろいろな人を狂わせた(らしい)名作でしたので、
この絵がダメではなければぜひお試しを(´・ω・)っ

【RO】精錬祭りのその後

昨日、一時中止が発表された精錬祭りですが、
今日は新しいアナウンスが出ました

ragnarokonline.gungho.jp

とりあえず次のメンテまで1.5倍だそうです(`・ω・´)

精錬祭りそのものに対する対応は明日発表があるそうですし、
あせっても仕方ないので、待ちましょう

【チェンクロ】「ハッピーエンドしか認めない」

今日は4亀にインタビュー記事が出ていました

www.4gamer.net

※3章のネタバレ込みなので、少なくともヘリオス編はクリア後にしましょう

いや、本当に3部のストーリーは面白いですよ(´・ω・)(・ω・`)ネー

たしかに、1~2章は(面白いなりに)助走期間って感じでしたが、
3章から「なぜこの5人が主人公なのか?」が明確に描かれるようになり、
さらに面白くなりました

インタビューにも出ていた、あのカインの台詞は本当にしびれました(`・ω・´) b

「カイン編」と揶揄されていた(少なくとも私周辺では)ヘリオス編が、
あそこで明確にヘリオスに主導権が移ったというか、
どんなに強くなっても、「ああ、カインはカインだ」って感じというか

ヘリオスとフィーナが重なるってのもわかるんですよね
フィーナも最初は「謎のアイテムを持ってるただの人」だったのが、
2部のラストには全然別人になってましたし・・・

でまあ、こんな話を書いているときりがないので戻すと、
このインタビューを読んだ勢いで、3章エシャル編に突入しました(`・ω・´)

f:id:parrot_studio:20170427011117j:plain

マディーナさんは始めたばかりの頃にだいぶお世話になりましたが、
こういうキャラがちゃんと出てくるのがやっぱりいいですね

そして一気にクリアしてしまったという・・・Σ(゚Д゚)ガーン

f:id:parrot_studio:20170427011204j:plain

エシャル編の面子って、みんなわりと個人主義というか、
ここがわりと好きに動いている感があるのですが、
それをぐっとまとめるように動くのがエシャルで、まさに「主人公」だなと

みんな特殊な経歴とか能力とか持った、くせのある面子ばかりで、
すっかり忘れそうでしたが、そもそもエシャルだって記憶喪失なんですよね
そのあたりの絡みも3章で出てきます

これで3章の残りは(敵が明確に見えている)アマツ編を残すのみとなりましたが、
一気に話が軌道に乗ってきただけに、非常に楽しみですね(`・ω・´) b

【FEH】メインストーリー進行

今日は新しいキャラが追加されたのですが・・・

f:id:parrot_studio:20170427011611j:plain

・・・今回は「外伝」ではなく、
「メインストーリー」が進行しておりますΣ(・ω・ノ)ノ

しかも、新しい勝利条件として「○ターン耐える」というのが登場し、
増援も出てくるようになったので、
ただ敵を倒すだけではない戦いが追加されてます

増援が出てくることを考えると、「同じレベル」ではちょっと辛いんですよね
1対1交換で無理矢理突破・・・みたいな手が使えないので(´-ω-)

今日はEchoesのやり過ぎで全然進めてませんが、
明日またいろいろ試してみます


*1: 作者さんの旦那さんが大学教師で、そこからヒントを得たとかなんとか・・・